虚夢

2009年 01月 28日 ( 2 )

「きっと他の大学の卒業生なんだよ」と友人は言った。

学部のラウンジにいたら、通りがかった女性に話しかけられました。

「あの、卒業生なんですが、教務課ってどこですか?」
「そこの扉でて(中略)ですよ」
「ありがとうございます」


おそらく数十年前から、この建物の構造変わってないはずなんだが・・・www
[PR]
by natsume_s3 | 2009-01-28 01:31 | 戯れ言

いわゆる勉強がなあなあになる理由

=自分をごまかす癖があるから。

それじゃ仕事でもなんでもなんもできないじゃないかっていわれそうですが、外部に対して責任が伴うことならば、ごまかさないで頑張れる。反動なのかなんなのか、そちらの責任感は強い(と思ってる)はず。
勉強も、外部に対して責任が伴っているっちゃ伴っていますけどね(出資者は親)

いつもごまかさないで自分に厳しくとなると、精神的におかしくなることもありそうで、精神的には健全な理由もこれにある気がしてますが(周りを見てると特にそう思う)、それじゃどうしようもない。
のはわかっていながら・・・。(以下ループ)

直せないのは自分に甘えてるから、といえば簡単だけど、人生ピー年間の課題と化している以上、突然直すぜともいかないのは身にしみてるので、自分の夢のために頑張るという決意を強く持って徐々に真摯に向き合う。
これが当面の作戦。


試験に落ちた身としてよぎりがちな、法曹に向いているのか・・・という問いは、ただの勉強不足なら勉強すればいいので、まだNOとはいえないかと思います。ただ、↑のせいでとなると、向いてないにもなるのかなあ・・・年末に考えた事でした。


定期試験の勉強でやっぱり教科書を最初はなあなあとしてる自分がいて、再びループに陥ってたので書いてみました。書くとちょっぴり頭の中が整理される気がする。

結局相も変わらずの甘えと言い訳にすぎないのかも。

そして中国法をば・・・。
[PR]
by natsume_s3 | 2009-01-28 01:20 | 戯れ言



日常と非日常のあいだ。